▼生徒さんたちからの声

学生時代は吹奏楽部でアルトサックスを吹いていました。
社会人になってからはずっと楽器から離れていましたが、近所で吹奏楽の演奏会があり、久しぶりに聴きに行ってみました。『やっぱりいいなぁ』、『サックス吹きたいなぁ』と思いまたサックスを始めました。

地元の吹奏楽団に入り毎週サックスを吹いてはいますが、なかなか思うような音が出ず、思うように吹けず楽しくなくなっていました。
そんな時、小高先生の演奏を聴く機会があり一瞬にして大ファンになりました。『私の理想の音色!』でした。すぐにレッスンの申し込みをしました。

レッスンに通い始めて3年になります。目の前で先生がお手本を吹いて下さるので、具体的にどう吹けばイメージ通りに吹けるのかが本当にわかりやすく、また、先生のピアノ伴奏で吹くと上手に吹けている気になって、ちょっと気持ちよかったり(笑)
毎回楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいます。

年齢と共に覚えが悪くなり、反応も鈍くなってきていますが、小高先生のレッスンでは、まだまだ新しいことが出来るかも!という気持ちにさせていただいています。
これからもチャレンジし続けていきたいと思います。

小高先生の個人レッスン5年。今、ボサノバで「Blue Bossa」と言う曲に挑戦しています。64小節のソロが入る曲で、練習量のわりにはなかなか思うようにいかず、手こずっています。3歩進んで3歩下がるような状況です。でもそれだけに、諦めること無くマスターする事への意欲は維持し続けているつもりです。

サックスを手にして、結構な歳月を費やしています。始めたのが遅かったので、当初は歌謡曲やポピュラーソングが何曲か出来たらいいなぁという感じでした。まさか自分が、ソロが入るボサノバをやるとは想像していませんでした。

当面教室の発表会で演奏するのが目標ですが、何とかものにして、皆さんと一緒に美味しいビールを飲みたいと思っています。同年代の生徒が居るのも励みになっています。

忙しくて練習時間が取れずモチベーションが低下し、レッスンに通うのが億劫な時期もありました。先生は「進まないことは気にせずに、そんな時こそ息抜きのつもり・ここで練習するつもりで来て下さい」とストレスを解きほぐし、背中を押してくれました。先生の分かりやすい解説や、サックス・ピアノでの並奏・伴奏で、楽しくレッスンが出来ています。

肩を痛めて2ヶ月くらい楽器を持てなかった時には、楽器を持たずに色んなリズムを集中的にレッスンして頂き、教室を休むこと無く通うことが出来ました。自分でも良く続いているなと思います。臨機応変な指導に感謝しています。

11月には、小高先生に友情出演を頂き、私が何とライブハウスで演奏する機会を持つことが出来ました。市ヶ谷の「フランス文化研究所」・「サロン・ド・ユーロ・エトワール」というお店です。

試行錯誤の連続、時には演奏で赤面することもありますが、発表会は勿論、自分でも目標を持ちながら、これからも続けて行けたらと思っています。

まともに楽譜を読めず、リズムも取れなかった二児の父です。

子供たちがピアノを習い始め、発表会等で一緒に演奏することが目標です。
仕事が忙しく、買ったままになっていたテナーサックスがずっと頭の片隅にありました…。

思い切って、基礎中の基礎から丁寧にわかりやすく教えてくれそうな先生だといいなぁと願い、数名の講師の体験レッスンを経て、超初心者の私でもわかりやすくレクチャーして頂いた小高さんにお願いしました。

レッスンを受け始めてから2年程ですが、つまづいたり、苦手なポイントをわかりやすく、的確に指摘&改善して頂いてます。

定期的に発表会があり、最初の発表会では人前で演奏する楽しさを知りました。
演奏曲の練習と、基礎練習が主なレッスンメニューですが、内容が濃い為か、あっという間にレッスン時間が過ぎてしまいます。

レッスンを重ねる度に、出来なかったことや知らなかったことの理解が深まり、少しずつですがレベルアップしている実感があります。

最後に、小高さんのレッスンを通じて、楽譜が読めるようになったり、リズムが取れるようになって、サックスの演奏がこんなに楽しく、夢中になれることに気づかせて頂き、感謝しております。